メニューロゴ
ロゴ

ENTRY


下川

会社のどこが好き?

フレンドリーに接してくださるところ。特に若手(歳が近い者)とでは、食事や遊びに出掛けたりもします。学生時代には会社の人と出掛けるなんて想像もしていなかった事が現実になっています。また身体を動かす事が好きなことから職場対抗駅伝、リレーマラソン、野球といったスポーツなども社員同士で仲良くできているためこういうフレンドリーに接することができるのが一番好きです。

下川1
下川2

仕事上心掛けていることは?

仕事だけに限らず人生において大事なのは謙虚さ、目線は高く、腰は低く、この三点だと思いますので心がけています。謙虚さを忘れない事は、まず自分よりも相手を思い素直に聞き入れる事です。目線は高くは、同レベルを意識するのではなく常にレベルの高い所を目指し、先輩、上司の良いところは盗み自分のレベルアップにつなげる事です。腰は低くは、簡単に言うと態度です。堂々たる態度をとられて良い思いをする人なんていないからです。立てるところは立てるを意識していたら必然的に腰は低くなると思います。この三点を心掛けていれば会社の方、お客様方とは少なからず良い関係でいられると思います。

先輩社員として、新卒社員とどんな関係を作っていきたい?

私自身が新卒入社で、新卒の最初の苦労などは一番分かっているつもりです。だからこそ、何でも話しかけてきてくれる関係を作りたいと思います。新卒、新人は詰め込み過ぎる傾向があります。それをいち早く察知し、気持ちに余裕を持って仕事ができる環境を作ってあげたいです。そのために、何でも話せる関係を作っていきたいと思います。環境が良くないと、人はすぐ何々が悪いからとか、何々がいけないからと言い訳を作ります。環境ですべてが決まると思います。

下川3
下川4

今後の会社に必要なものは?

若手人材。社員の高齢化が進むため若手の人材確保、教育が必要だと思います。そのためには、ただ待っていても人材は集まらないと思うので、若手だけを集めてこちらから出向き、弊社のことをアピールするのも一つの策だと思います。教育面では、新卒(新人)とベテランとでは、どうしても言葉の壁が生じます。そこで、まずは若手が若手を育てる事によって少なからず言葉の壁はなくなり、働きやすい環境ができると思います。

応援メッセージ

堅苦しい職場に行くくらいなら弊社でフレンドリーに働きましょう!

BACK

謙虚さ、目線は高く、腰は低く

下川

会社のどこが好き?

フレンドリーに接してくださるところ。特に若手(歳が近い者)とでは、食事や遊びに出掛けたりもします。学生時代には会社の人と出掛けるなんて想像もしていなかった事が現実になっています。また身体を動かす事が好きなことから職場対抗駅伝、リレーマラソン、野球といったスポーツなども社員同士で仲良くできているためこういうフレンドリーに接することができるのが一番好きです。

仕事上心掛けていることは?

仕事だけに限らず人生において大事なのは謙虚さ、目線は高く、腰は低く、この三点だと思いますので心がけています。謙虚さを忘れない事は、まず自分よりも相手を思い素直に聞き入れる事です。目線は高くは、同レベルを意識するのではなく常にレベルの高い所を目指し、先輩、上司の良いところは盗み自分のレベルアップにつなげる事です。腰は低くは、簡単に言うと態度です。堂々たる態度をとられて良い思いをする人なんていないからです。立てるところは立てるを意識していたら必然的に腰は低くなると思います。この三点を心掛けていれば会社の方、お客様方とは少なからず良い関係でいられると思います。

先輩社員として、新卒社員とどんな関係を作っていきたい?

私自身が新卒入社で、新卒の最初の苦労などは一番分かっているつもりです。だからこそ、何でも話しかけてきてくれる関係を作りたいと思います。新卒、新人は詰め込み過ぎる傾向があります。それをいち早く察知し、気持ちに余裕を持って仕事ができる環境を作ってあげたいです。そのために、何でも話せる関係を作っていきたいと思います。環境が良くないと、人はすぐ何々が悪いからとか、何々がいけないからと言い訳を作ります。環境ですべてが決まると思います。

今後の会社に必要なものは?

若手人材。社員の高齢化が進むため若手の人材確保、教育が必要だと思います。そのためには、ただ待っていても人材は集まらないと思うので、若手だけを集めてこちらから出向き、弊社のことをアピールするのも一つの策だと思います。教育面では、新卒(新人)とベテランとでは、どうしても言葉の壁が生じます。そこで、まずは若手が若手を育てる事によって少なからず言葉の壁はなくなり、働きやすい環境ができると思います。

応援メッセージ

私たちと一緒にリョーユウ工業を発展させていきましょう。