メニューロゴ
ロゴ

ENTRY


代表メッセージ

MESSAGE


社員とその家族が
いつも笑顔でいられるように

社長

弊社は1972年6月の創業以来、金属板の切曲げ加工一筋に邁進してまいりました。私が3代目の社長となります。

就任したのは27歳の時で、時代はバブルがはじけた直後。先代の急逝によって社長に就任したものの、それまで工場と営業に携わってはおりましたが、経営など何も知らない私の社長としての初仕事はリストラで、誰を解雇するのか?どう伝えるのかに、一ヶ月以上も悩んだことを鮮明に覚えています。

今振り返ってみてもリストラ自体は成功したと言えますが、このときの悔しさと悲しさはもう二度と味わいたくないし、味あわせたくありません。社員とその家族がいつも笑顔でいられるよう、会社はきちんと利益を出し続けなければなりません。

そのためにも日々変わりゆくお客様のニーズを正確に把握し、付加価値の高い製品を作り続け、「リョーユウ工業㈱と取引したい」と評価していただける会社であり続けることを目指し、日々考え、実践しております。

社長2

還暦を越えた社員から未成年まで、男女構成比は7:3と男性が多くはありますが、歴代女性を取締役や管理職に登用するなど、女性も能力を発揮しやすく、長く働きやすい環境です。年齢や男女の垣根も低く、一言で表現するならば「社員同士の仲が良く、明るく風通しの良い」会社です。逆に周りとのコミュニケーションが苦手な人、自分の考えを持たない人、言わない人には不向きかもしれません。

しかし、今働いている先輩方も全員が最初からできていたわけではなく、会社での教育や各種取り組み、イベントなどを通して苦手を克服してきました。自分を今よりも成長させようと努力される方なら、同じ悩みを克服してきた先輩方から色々なアドバイスを貰えます。

社長3

社会が「人」の集合体である以上、そこには様々な価値観や考え方を持った人が存在します。結果として色々な情報が世の中に溢れ、錯綜し、それらが容易に手に入れられる。

そんな時代に必要なのは、情報に踊らされず、鵜呑みにせず、自分に必要な情報を精査して選択するための、自分の価値観・考えをしっかりと持った人。会社が方針や目標を立てる過程では、「自分たちが何者なのか」を見失わず、あるべき姿を仲間と共に追求し、共有し、その達成に向けては仲間と共に邁進できる人を当社は求めています。

代表取締役 諸石 裕

BACK

代表メッセージ
社長1

MESSAGE


社員とその家族が
いつも笑顔でいられるように

弊社は1972年6月の創業以来、金属板の切曲げ加工一筋に邁進してまいりました。私が3代目の社長となります。

就任したのは27歳の時で、時代はバブルがはじけた直後。先代の急逝によって社長に就任したものの、それまで工場と営業に携わってはおりましたが、経営など何も知らない私の社長としての初仕事はリストラで、誰を解雇するのか?どう伝えるのかに、一ヶ月以上も悩んだことを鮮明に覚えています。

今振り返ってみてもリストラ自体は成功したと言えますが、このときの悔しさと悲しさはもう二度と味わいたくないし、味あわせたくありません。社員とその家族がいつも笑顔でいられるよう、会社はきちんと利益を出し続けなければなりません。

そのためにも日々変わりゆくお客様のニーズを正確に把握し、付加価値の高い製品を作り続け、「リョーユウ工業㈱と取引したい」と評価していただける会社であり続けることを目指し、日々考え、実践しております。

社長2

還暦を越えた社員から未成年まで、男女構成比は7:3と男性が多くはありますが、歴代女性を取締役や管理職に登用するなど、女性も能力を発揮しやすく、長く働きやすい環境です。年齢や男女の垣根も低く、一言で表現するならば「社員同士の仲が良く、明るく風通しの良い」会社です。逆に周りとのコミュニケーションが苦手な人、自分の考えを持たない人、言わない人には不向きかもしれません。

しかし、今働いている先輩方も全員が最初からできていたわけではなく、会社での教育や各種取り組み、イベントなどを通して苦手を克服してきました。自分を今よりも成長させようと努力される方なら、同じ悩みを克服してきた先輩方から色々なアドバイスを貰えます。

社長3

社会が「人」の集合体である以上、そこには様々な価値観や考え方を持った人が存在します。結果として色々な情報が世の中に溢れ、錯綜し、それらが容易に手に入れられる。

そんな時代に必要なのは、情報に踊らされず、鵜呑みにせず、自分に必要な情報を精査して選択するための、自分の価値観・考えをしっかりと持った人。会社が方針や目標を立てる過程では、「自分たちが何者なのか」を見失わず、あるべき姿を仲間と共に追求し、共有し、その達成に向けては仲間と共に邁進できる人を当社は求めています。

代表取締役 諸石 裕